プロフィール

大山恵弘

  • Author:大山恵弘
  • 公式なサイトはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【異常検知】Profiling Users in GUI Based Systems for Masquerade Detection 【セキュリティ】

In 2006 IEEE Workshop on Information Assurance.
http://www.cse.buffalo.edu/~ashish/research.html

Windows XPのGUI動作を学習して異常検知。

シェルコマンドを使った異常検知はたくさん研究されているが、GUIコマンドについても異常検知が必要という問題意識。

マウスの動き、クリック、キータイプ速度などを利用。

サポートベクタマシンを利用して特徴ベクタを学習、分類。

GUIに関する公開されたデータセットはないので、研究室のユーザ3人を対象にログを収集。

いかにも既存研究ありそうな気がする研究だが、確かにたくさんある。差分は、たくさんのGUI情報を扱うことと、認証でなくなりすまし検出に使っているところらしい。
スポンサーサイト

<< 【VMM】 Characterization of network processing overheads in Xen 【性能評価】 | ホーム | 【セキュリティ】 Safe Java Native Interface 【プログラミング言語】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。