プロフィール

大山恵弘

  • Author:大山恵弘
  • 公式なサイトはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リモートデスクトップ】 Prospects For Speculative Remote Display 【投機実行】

Technical Report.
http://virtuoso.cs.northwestern.edu/

リモートディスプレイシステムの最適化。投機的リモートディスプレイを提案。広域環境での利用を意識。

リモートディスプレイサーバから来るイベントをクライアントが予測して、先に実行しておく。予想通りそのイベントが来たらそのまま。予想がはずれたら、ロールバック。

予測は、過去のイベント列からk次のマルコフモデルを作ることによって行う。

実験にはrdesktopを利用。ワード、パワポ、IEなどを実行。ユーザイベントトレース中には、6万8千から11万2千個のイベントを含む。スクリーンイベントトレース中には、250万から440万個のイベントを含む。非常にナイーブな予測方式ですら、25%から45%の確率で次のイベントを当てることができた。
スポンサーサイト

<< 【仮想デスクトップ】 Net2Display™: A Proposed VESA Standard for Remoting Displays 【標準化】 | ホーム | 【耐故障】 Probabilistic Accuracy Bounds for Fault-Tolerant Computations that Discard Tasks 【数値計算】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。