FC2ブログ

プロフィール

大山恵弘

  • Author:大山恵弘
  • 公式なサイトはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【耐故障】 Handling Cascading Failures: The Case for Topology-Aware Fault Tolerance 【分散システム】

In HotDep 2005.
http://www.stanford.edu/~candea/hotdep/

大規模分散アプリケーションは複数のコンポーネントが複雑に絡み合ってできている。これは、「連鎖的な障害」をもたらす。

本研究では、連鎖的な障害が広がるのを防ぐために、システムのトポロジについての情報を用いることを提案している。トポロジを意識して障害検出、リカバリを行うことを提案。

研究はまだ初期段階であり、この論文は問題提起が主という感じ。トポロジアウェアな耐故障技術を構築するには、どんなことを考えなければならないかを列挙してる。

あと、連鎖的な障害を5つのクラスに分けたり、コンポーネントの依存関係を3つに分けたりといった分析の話もあり。

この論文も、複数のコンポーネントからなるセキュリティシステムの障害検出・リカバリを扱っている。セキュリティシステムをサンドボックスの中で実行する。サンドボックスは、ユーザに与えられたセキュリティポリシーに従い、コンポーネント間の依存関係を意識して再起動や停止などのリカバリ処理を実行する。
スポンサーサイト

<< 【OS】 Providing Dynamic Update in an Operating System 【動的更新】 | ホーム | 【リカバリ】 Building a Reactive Immune System for Software Services 【エミュレータ】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。