プロフィール

大山恵弘

  • Author:大山恵弘
  • 公式なサイトはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【障害】 Automatic On-line Failure Diagnosis at the End-User Site 【デバッグ】

In HotDep '06
http://www.usenix.org/events/hotdep06/tech/

障害発生したら、それをユーザに通知する前に、自動的に診断処理を実行する枠組みの提案。
ユアンユアンさんがラストオーサー。Rxの研究の流れを組んでいるようだ。

トリアージ診断プロトコルなるものを提案。Wikipediaによりますと、トリアージは、災害医療における多数の傷病者を重症度と緊急性によって分別する方法。

このプロトコルにより、一つの診断の結果に応じて、自動的に次の診断を実行させるなどのことが可能になる。診断手法の例として挙げられているものは、単なる再実行、コアダンプの解析、メモリバグ検出器の実行、レースバグ検出器の実行、バックワードスライシング、スケジューリング変え器、など。

チェックポイントを定期的に取るので、再実行ができる。

デバッグ作業におけるエキスパートシステムを作りましたみたいな感じでしょうか。
最終的には人間がバグを突き止め、除去するにしても、一定の初期診断はこのシステムが自動的にやってくれますみたいな。
スポンサーサイト

【並列処理】 Safe at Any Speed: Fast, Safe Parallelism in Servers 【イベントベース実装】

In HotDep '06.
http://www.usenix.org/events/hotdep06/tech/

サーバをイベントハンドラの集合という形で作ることを主張。

複数の要求を並列に処理できるサーバにしたい。よって複数のイベントハンドラも並列に実行したい。

でもイベントハンドラを何でもかんでも並列に実行したら、共有変数などがあるときに、困ったことになる。なので、互いに干渉しあわないイベントハンドラだけを並列に実行する。

どのイベントハンドラの組を並列実行できるかは、静的解析で求める。解析結果にもとづいて、スケジューラが適切なハンドラを実行。

どういう静的解析を用いるのかは述べられていない。この論文は、サーバをそういうアーキテクチャにもとづいて作りましょうっていう大まかな方向を提案するもののようだ。

こういう論文読むと、並行オブジェクトやってた10年前の自分を思い出す。「複数のスレッドがさわる変数を並行オブジェクトに押し込む。並列性はできる限り抽出して、スレッドを作る」。なつかしいのう。レース条件の話も(同僚が)やってた。

並行オブジェクトに関する一連の研究からの差分は何かな。レースを静的解析で求めましょうってところが新しいのか。いや、そういう研究もあるよな。ううむ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。